目差すはキュッとし依然としてびれ。フラフープに挑戦!

20勘定末日、ランニングにはまって少し痩せて、健康も締ってきていました。しかし、酔っぱらって転んでアクセスの親指を折ってランニングを出来ない日々が続きました。数ヶ月で完治したのですが、走れるようになっても、前のように定期的にランニングをすることがなくなってしまいました。
骨折前は週間に3回から5回、10KMほど走っていたのが、何一つ走らなくなったわけですから、やはりプクプク太っていきました。30勘定になり、またランニングを始めたのですが、今しがたほど走れず、走ってもかなり体重が落ちなくなっていました。20勘定の頃に比べて確実に交代、スタミナ、一気に落ちているのを実感しました。リラックスにも前よりチャンスが加わり、数年でこんなに健康が衰えているのに驚きました。
30勘定になって特に気になっているのが腹部がだらしないことです。自分の腹部を見極めるたびに「あぁ、コイツじゃ既にスイムスーツになれないや」と恥ずかしくなります。ランニングをしたり、山登りをしたりと意識的に体を動かすように尽力はしているのですが、たぷたぷのおなかをスイムスーツに生まれ変われる腹部にチェンジさせるにはどうしても筋トレが必要です。動作は嫌いではないのですが、筋トレは実に好きになれません。そこで、こちらがいま始めたのがフラフープ。少々重めのスポーツ用のフラフープだ。まずは2お天道様に一括払い、必ずや10取り分以上やることから初期、ゆるゆるチャンスか間隔を増やしていこうと計画しています。
目差すはキュッとし全くびれだ。スイムスーツに生まれ変われる腹部にチェンジできるよう「入手は力なり」の情緒で頑張りたいと思います。ミュゼ ヒゲ